【花火モード搭載デジカメ】
最近は花火撮影モード搭載のデジカメが増えました。但しいくら花火モードにしてもブレては意味がないので三脚等を使ってブレを防ぎましょう。
花火へ行こう
花火ファッション
あると安心 小物達
場所取り
待ち合わせ
花火前に一杯
ひまつぶし
子供と一緒
花火宿泊プランがあるホテル

花火を撮影しよう
花火撮影機器
花火モード搭載デジカメ
花火撮影の友
加工・印刷・編集
写真を自慢(IT編)

いつでも花火
書籍
音楽CD
DVD
PC用ソフト
ゲーム機用ソフト
おもちゃ
花火番組まるごと録画

その他
冬だって花火
まさかここまで

「はなたび屋」Top

最終更新日: 2007/ 3 /1

「花火旅日記」へ戻る

キヤノン PowerShot S3 IS

CCD600万画素、液晶モニター2型、手ぶれ補正付き光学12倍ズーム搭載の機種です。
キヤノン PowerShot S3 IS
キヤノン PowerShot S3 IS


キヤノン IXY DIGITAL 800 IS

600万画素CCD、光学4倍ズームに、手ぶれ補正機能が搭載された機種です。縦横自動回転再生機能があるので、縦位置で撮影する花火写真も見やすくてグットです。
キヤノン IXY DIGITAL 800 IS
キヤノン IXY DIGITAL 800 IS


キヤノン PowerShot A700

CCD600万画素、光学6倍ズーム搭載の機種です。マニュアル露出が可能なので、花火撮影にも幅が出ます。単三電池駆動なのも、バッテリー切れの緊急時にも優位です。
キヤノン PowerShot A700
キヤノン PowerShot A700


キヤノン PowerShot A540

CCD600万画素、2.5型液晶モニター、光学4倍ズームレンズ搭載の機種です。マニュアル露出が出来るので、花火撮影にむいています。この機種の売りのひとつにISO800対応がありますが、花火撮影に高感度は必要なしです。
キヤノン PowerShot A540
キヤノン PowerShot A540


キヤノン IXY DIGITAL WIRELESS

無線LANを搭載したデジカメです。ファイルの転送や印刷が無線で行えます。カメラはIXY DIGITAL 60とほぼ同等の機能で、CCD500万画素、光学3倍ズームレンズ搭載です。
キヤノン IXY DIGITAL WIRELESS
キヤノン IXY DIGITAL WIRELESS


キヤノン PowerShot S80

CCDが800万画素、光学3.6倍ズームで、35mm判換算焦点距離が28〜100mm、液晶モニターが2.5型のデジカメです。PowerShot S70の後継機種ですが、操作系がガラッとかわり、従来の十字キーからコントローラーホイールになり、操作がすばやく行えるようになりました。
キヤノン PowerShot S80
キヤノン PowerShot S80


キヤノン IXY DIGITAL L3

横長スタイルのデジカメ L、L2、に続くシリーズ3代目の機種になります。変更点は、単焦点だったレンズが光学2.4倍ズームに、液晶モニタが1.5型から1.8型へ大きくなっています。CCDは500万画素です。
キヤノン IXY DIGITAL L3
キヤノン IXY DIGITAL L3


キヤノン PowerShot A620

PowerShot A95の後継機種です。変更点は、CCDが500万から710万画素へ、液晶モニタが1.8型から2.0型へ、記録媒体がCFからSDカードに変更になっています。光学4倍ズーム搭載です。
キヤノン PowerShot A620
キヤノン PowerShot A620


ソニー DSC-T30

CCD720万画素、光学3倍ズーム、手ぶれ補正機能付きの機種です。最近の流行の高感度機能も搭載していますが、花火撮影に高感度は必要ないのでご注意を。
ソニー DSC-T30
ソニー DSC-T30


ソニー DSC-T9

光学式の手ブレ補正機能を搭載した機種です。カードサイズのデジカメは撮影時の安定性の悪さから手ブレが発生しやすかったのですが、補正機能が付いた事で失敗写真がかなり減ると思います。但し、花火撮影の基本は三脚ですので、あまり関係ないですけどね。CCD600万画素、光学3倍ズーム、2.5インチ液晶モニター搭載です。
ソニー DSC-T9
ソニー DSC-T9


ソニー DSC-N1

タッチパネル式の液晶モニター搭載の機種です。メニューの操作は直接画面に触れて行うので、スイッチはモード切替とズームくらいしかありません。撮影した絵に落書きする事も出来ます。CCD810万画素、光学3倍ズーム搭載です。
ソニー DSC-N1
ソニー DSC-N1


ソニー Cyber Shot DSC-M2

折りたたみ式携帯電話のような外観で、デザイン重視の女性向きなデジカメです。本体内蔵のメモリに1100枚まで保存可能なので、いつでもお気に入りの写真を持ち歩く事が出来ます。CCDは500万画素で、光学3倍ズームレンズ搭載です。静止画以外にも動画も撮影できます。
ソニー Cyber Shot DSC-M2
ソニー Cyber Shot DSC-M2


ソニー Cyber Shot DSC-T7

薄さが、わずか9.8mmで、2.5型大画面の「クリアフォト液晶」搭載です。有効510万画素です。
ソニー Cyber Shot DSC-T7
ソニー Cyber Shot DSC-T7


パナソニック LUMIX DMC-TZ1

光学10倍ズーム搭載ながら薄型の機種です。CCD500万画素、2.5型液晶モニター搭載です。光学ファインダーが無いので、花火撮影にはちょっと辛いです。
パナソニック LUMIX DMC-TZ1
パナソニック LUMIX DMC-TZ1


パナソニック LUMIX DMC-FX01

35mm判換算焦点距離28〜102mmの広角ズーム搭載です。いままで望遠側ばっかり競争していた各メーカーですが、やっと一般普及機でも広角側に力を入れてくれるようになってきました。これで花火も撮り易くなります。600万画素、光学3.6倍ズーム、2.5型液晶モニター搭載です。
パナソニック LUMIX DMC-FX01
パナソニック LUMIX DMC-FX01


パナソニック LUMIX DMC-FZ7

光学12倍ズームレンズ搭載で、焦点距離は36〜432mmとドアップ撮影が可能なデジカメです。花火撮影に限っていえば、こんな望遠、何に使うの(^^;ってくらいの超望遠カメラです。当然、パナソニック製なので手ブレ補正が付いています。CCDは600万画素で液晶モニターも2.5型と大型です。
パナソニック LUMIX DMC-FZ7
パナソニック LUMIX DMC-FZ7


パナソニック LUMIX DMC-LZ5

CCD600万画素、2.5型液晶モニター、光学6倍ズーム、手ブレ補正機能搭載のデジカメです。カード容量いっぱいまで連写撮影が可能です。
パナソニック LUMIX DMC-LZ5
パナソニック LUMIX DMC-LZ5


パナソニック LUMIX DMC-FZ30

800万画素のCCD、光学12倍ズーム搭載です。アスペクト比3:2と16:9の撮影にも対応しています。
パナソニック LUMIX DMC-FZ30
パナソニック LUMIX DMC-FZ30


パナソニック LUMIX DMC-LX1

アスペクト比16:9のCCD搭載で、ワイド写真が撮れる機種です。CCDは840万画素、光学4倍ズーム、光学手ブレ補正機構搭載です。
パナソニック LUMIX DMC-LX1
パナソニック LUMIX DMC-LX1


パナソニック LUMIX DMC-FX9

LUMIX DMC-FX8の上位機種です。変更点は、CCDが500万画素から600万画素になり、アスペクト比3:2での撮影が可能になりました。液晶モニターも高精細化されています。光学3倍ズーム、光学手ブレ補正機能搭載です。
パナソニック LUMIX DMC-FX9
パナソニック LUMIX DMC-FX9


富士フイルム FinePix Z3

CCD512万画素、光学3倍ズーム搭載のスリムコンパクトタイプのデジカメです。「ブレ軽減モード」、「iフラッシュ」、「高感度2枚撮り」など、富士フイルム独自の機能が搭載されています。
富士フイルム FinePix Z3
富士フイルム FinePix Z3


富士フイルム FinePix F30

エビちゃんがCMをやっているISO3200の高感度撮影が可能な機種です。630万画素、3倍ズーム搭載です。私の知る限りでは、富士フイルムのデジカメで花火モードを搭載したのはこの機種が最初じゃないでしょうか。
富士フイルム FinePix F30
富士フイルム FinePix F30


ニコン COOLPIX L2

お値段控え目なエントリー向けモデルです。CCD600万画素、光学3倍ズームです。専用バッテリーの機種が多い中、単三電池が使える機種です。
ニコン COOLPIX L2
ニコン COOLPIX L2


ニコン COOLPIX S6

プレビュー再生時、最速10コマ/秒でスクロールできるコンパクトデジタルカメラです。たくさん撮影した写真の中から目的の物を探すのに便利そうです。CCD600万画素、光学3倍ズーム、広視野角3型TFT液晶搭載です。
ニコン COOLPIX S6
ニコン COOLPIX S6


ニコン COOLPIX P3

CCD810万画素、光学3.5倍ズーム、2.5型液晶モニター搭載です。手ブレ補正機構に無線LAN機能も搭載しています。ニコンオリジナルの顔認識AFも搭載です。
ニコン COOLPIX P3
ニコン COOLPIX P3


ニコン COOLPIX S5

CCDが600万画素で、光学3倍ズームレンズ搭載の機種です。最近のニコン製品には標準搭載の「顔認識AF」ですが、この機種からはワンタッチで設定可能になりました。またプレビューの再生が1秒間に10枚というものすごいスピードでスクロールが出来ます。BGM付きのスライドショーも出来ます。
ニコン COOLPIX S5
ニコン COOLPIX S5


ニコン COOLPIX L3

CCDが600万画素で、光学3倍ズームレンズ搭載の初心者向けのデジカメです。値段もかなり安い機種です。顔認識 AFはじめ、赤目軽減や、ストロボの光量不足を補正するD-ライティングポートレートが搭載され、ポートレートが綺麗に撮れる機能が満載です。
ニコン COOLPIX L3
ニコン COOLPIX L3


カシオ EXILIM ZOOM EX-Z500

EX-Z57をベースにしたモデルで、液晶モニターが11.5万画から15.3万画素に高精細化されています。CCDは500万画素で、テブレや被写体ブレがおきにくい高感度モードがあります。
カシオ EXILIM ZOOM EX-Z500
カシオ EXILIM ZOOM EX-Z500


カシオ EXILIM ZOOM EX-Z750

720万画素CCD、光学3倍ズーム、2.5型液晶搭載機種です。動画がMPEG-4・VGAサイズ・30フレーム/秒で撮影できます。
カシオ EXILIM ZOOM EX-Z750
カシオ EXILIM ZOOM EX-Z750


オリンパス μ810

手ぶれ補正付きのデジカメはなかり増えてきましたが、この機種は撮影した後の写真に手ぶれ補正ができます。三脚撮影が基本の花火ですが、もしかしたら、手持ちでも綺麗な花火写真が撮れるかも・・!?!。CCD800万画素、光学3倍ズーム搭載です。
オリンパス μ810
オリンパス μ810


オリンパス μ720SW

1.5mの高さから落下しても壊れない耐衝撃性を備えたデジカメです。花火終了後、暗闇の中、何度と無くカメラを滑って落としそうになった私には最適な(^^;機種です。 さらに防水機能もついているので、突然の夕立にも慌てずにすみます。CCD710万画素、光学3倍ズームレンズ、2.5型液晶モニター搭載です。
オリンパス μ720SW
オリンパス μ720SW


オリンパス μ710

710万画素CCD、光学3倍ズーム、2.5型液晶モニター搭載の機種です。700万クラスの機種では最軽量の103gで、厚さも20.4mmと薄いサイズになっています。
オリンパス μ710
オリンパス μ710


オリンパス CAMEDIA SP-700

他のデジカメに比べ大型の3型液晶モニターを搭載し、600万画素CCD、光学3倍ズームのデジカメです。直前に撮影した4画像と現在フレーミング中のイメージを同時に表示する「比較ショット機能」があります。
オリンパス CAMEDIA SP-700
オリンパス CAMEDIA SP-700


オリンパス CAMEDIA SP-350

CCDが800万画素、光学3倍ズーム搭載の機種です。絞り優先/シャッター速度優先、マニュアル露出などのマニュアル機で、RAWデータでの撮影も可能です。焦点距離は35mm判換算で38〜114mm相当ですが、テレコンバージョンレンズを使用すると27mmになるので、花火が撮影しやすい焦点距離になります。
オリンパス CAMEDIA SP-350
オリンパス CAMEDIA SP-350


PENTAX Optio X

レンズ部と液晶部が270度も回転する面白い機種です。CCDは有効500万画素です。
PENTAX Optio X


SANYO Xacti DSC-E6

コンパクトデジカメとしては、かなり大型の3型液晶モニター搭載機種です。インデックス表示時には36枚の写真が1画面に表示できます。シャッターボタンには、触れるだけでAFが動作する「タッチフォーカス」機能も搭載されています。CCD600万画素、光学3倍ズームレンズのデジカメです。
SANYO Xacti DSC-E6
SANYO Xacti DSC-E6


SANYO Xacti DMX-HD1

ハイビジョン撮影が可能なMPEG-4カメラです。記録媒体はSDメモリーカードで、容量が2GBの場合、42分の記録が可能です。カメラとしてはCCD500万画素、光学10倍ズームで、勿論シーンセレクトには「花火」モード搭載です。
SANYO Xacti DMX-HD1
SANYO Xacti DMX-HD1


SANYO DMX-C6

DMX-C5からの機能アップモデルです。CCDが500万画素から600万画素になりました。主な使い方はMPEG-4ムービーカメラなのですが、動作撮影中でも静止画の撮影が出来ます。撮影したムービーは1秒間に60フレームの再生が可能です。
SANYO DMX-C6
SANYO DMX-C6